一本木台場(函館市)

土方歳三最期の地の碑と復元された一本木関門

土方歳三が関門を出て死地へと向かった台場

所在地

北海道函館市若松町(若松緑地)
【アクセス】
函館駅の北東約500m。八幡通り「若松34信号」を50mほど北上した左(西)側に若松緑地という公園があり、この南端に「土方歳三最期の地」の石碑や説明板と共に「一本木関門」という冠木門が復元されている。台場は一本木関門付近の海岸に築かれていたようだが、実際にはここから西側(海岸寄り)の国道5号付近にあったようだ。

形状

台場

現状・遺構等

【現状】 市街地
【遺構等】 冠木門(模擬)、土方歳三最期の地の石碑と説明板

満足度

-----

訪城日

2012/08/01

歴史等

箱館戦争の資料『説夢録』という戦記に「一本木関門の辺海岸に砲台を築き」という記述がある。旧幕府軍が設置した台場と思われる。
一本木関門から出撃した土方歳三は、「我、この柵にありて退く者は斬る」と、額兵隊と伝習士官隊を市内に突入させ、馬上での指揮中、腹部に被弾して討死した。実際の死亡地は、海岸よりの国道5号線付近と考えられている。
『「箱館戦争史料集(新人物往来社)」、「箱館戦争写真集((新人物往来社)」参照』


*「土方歳三最期の地」(現地説明板より)
新撰組の副長だった土方歳三は鳥羽伏見の戦い後に新撰組を率いて各地を転戦して北上し、仙台の地で旧幕府海軍副総裁・榎本武揚が指揮する脱走艦隊と合流した。明治元年(1868年)10月、蝦夷地に上陸した土方歳三や榎本武揚らは箱館を占拠して蝦夷共和国を樹立し、土方は陸軍奉行並の要職についた。翌年4月に新政府軍の総攻撃を受けた榎本軍は各地で敗退したが、土方が守った二股口だけは最後まで落ちなかった。しかし、同年の5月11日に箱館も新政府軍の手に落ち、箱館奪回を目指した土方歳三は50名の兵を率いて一本木の関門を出て箱館の市中へ向かって敢然と切り込んだが、銃弾に当たって倒れ、35歳の生涯を閉じた。

現況・登城記・感想等

公園内に、「土方歳三最期の地」の石碑と説明板が立ち、その脇に復元(模擬?)された一本木関門が建っている。
勿論、主役は台場ではなく「土方歳三」で、石碑の前には、一杯の花と共に、例の軍服姿の(田本研造により撮影された憂いのある男前に写った)写真が添えられている。相変わらずの人気のようだ。
最後まで己の節を曲げず、幕臣以上に活躍し、死に場所を箱館に求めたことも人気の一つだろうが、この写真が果たした役割の方が大きいかも?
尚、実際の台場(関門)の場所も土方歳三の死地も、もう少し海岸寄りの国道5号線付近であったようだ。
また、「土方歳三最期の地」の石碑は、昭和35年に若松小学校横に建てられたが、その後、若松町グリーンベルト、そして現在の場所へと移築されたものだ。
(2012/08/01訪れて)

ギャラリー

公園内に建つ「土方歳三最期の地」の石碑と説明板と復元された一本木関門
公園内に、「土方歳三最期の地」の石碑と説明板が立ち、その脇に復元(模擬?)された一本木関門が建っている。
土方歳三最期の地

土方歳三最期の地の碑
主役は台場ではなく「土方歳三」で、石碑の前には、一杯の花と共に、例の軍服姿の(田本研造により撮影された憂いのある男前に写った)写真が添えられている。相変わらずの人気のようだ。
土方歳三最期の地の碑

軍服姿の土方歳三の写真
最後まで己の節を曲げず、幕臣以上に活躍し、死に場所を箱館に求めたことも人気の一つだろうが、この写真が果たした役割の方が大きいかも?
土方歳三の写真

トップページへ このページの先頭へ

コメント

この記事へのコメント

名前

メールアドレス

URL

コメント