岩代 向羽黒山城(会津美里町)

藪に覆われてしまっている本丸跡

黒川城主・芦名盛氏の隠居城、広大な城址が残る

別名

岩崎城

所在地

福島県大沼郡会津美里町、白鳳山公園(会津本郷焼資料館の対面の菓子舗一貫堂の横の道を2km)
会津本郷焼資料館:会津美里町瀬戸町3208、電話0242-56-4637

形状

山城(標高408.8m、比高183.7m)

現状・遺構等

現状:山林(白鳳山公園)
遺構等:曲輪、土塁、石垣、横堀、竪掘、櫓台、標柱、説明板

満足度

★★★☆☆

訪城日

2008/09/30

歴史等

向羽黒山(むかいはぐろやま)城は、黒川城を本拠とし、 主に会津地域を支配していた芦名盛氏によって築城された。
白鳳三山(観音山・羽黒山・岩崎山)の主に岩崎山の全域と羽黒山の一部に広がっている。
芦名盛氏は家督を息子の盛興に譲り、隠居の城として向羽黒山城を築いた云われる。そして、天正3年(1575) に盛興が亡くなったため盛氏は再び黒川城に戻り、 向羽黒山城は廃城になったとされる。
しかし、その後会津を支配した伊達氏や蒲生氏、上杉氏の時代にも城として機能していた可能性は十分に考えられ、城の設備がかなり厳重で、 何らかの手を加えられているようである。
また、向羽黒山城跡は規模・質ともに東北地方で屈指の城跡であり、保存状態も良いことから、今後の発掘調査の実施などにより、 東北の山城の特質や築城技術を解明するための有力な資料になるといっても過言ではない。
『現地(会津本郷焼資料館の対面)説明板より』

現況・登城記・感想等

それにしても山奥にあるものだ!往時の人は大変だったろうなあ!!
今は、車で二曲輪下まで行けるが、城跡への入口・会津本郷焼資料館の前からは何と2kmもある。
向羽黒山城は、東北地方屈指の大規模な城で、曲輪の数も非常に多いようだ。ハイキングコースとして整備されてるようだが、 地元の方はともかく、とてもそんな時間はない。丸1日かけても廻れるかどうか?
一曲輪と二曲輪間の往時の堀切道(現在は車道になっている)を過ぎてすぐの所に駐車場がある。堀切の南側の山上が一曲輪で、 北側の高台上が二曲輪である。
二曲輪は、展望公園として綺麗に整備され、遠く山裾に会津若松城も見えるようだが、 はっきりとは見えなかった。
一曲輪へは、趣きのある九十九折の道を登って行くが、途中喰い違い虎口が何箇所もあり、枡形虎口のようになっている虎口もある。
一曲輪は整備が行き届かないのか結構な藪だ。あまり広くはなく、長軸40m弱ほどだ(短軸は藪で入って行く勇気がなかった)。 また木々に遮られ眺望も良くない。
尚、途中、三曲輪横を通るが、三曲輪は完全な削平地にはなっておらず、広々とした牧場のようだ。
結局、向羽黒山城は、あまりにも規模が大きすぎて、ほんの一部しか廻れず、城郭全体を把握できないままの下城となった。
(2008/09/30登城して)

ギャラリー

【羽黒山城跡への入口】
城跡入口に説明板が設置されている。今は、車で行けるものの、二曲輪下へは、 正面のこの道を約2kmも登って行くことになる。

【三曲輪】
途中、三曲輪の案内板があり入って行くと、まるで見晴らしの良い牧場のようだ。説明板によると、 「ここは、永禄4年(1561)、主に馬の訓練場として造られたところで、 西北の見張りもよく、望楼や指揮陣屋などが併設されていた」とある。な~るほど!道理で・・・。

【一曲輪・二曲輪間の堀切】  駐車場から撮影
堀切は今では車道になっている。また、ここには一曲輪へ入る門があったそうだ。左側高台上が二曲輪、右側山上が一曲輪。

【二曲輪への虎口】
ここには門があったそうだ。また、説明板によると「坂道部分に石積石垣がある」と書かれていたが、 いくら探しても見付からなかった。草も大したことないしなあ??

【二曲輪】
二曲輪は展望公園として綺麗に整備されている。
「この二曲輪は、実質的には近世の本丸にあたる所と考えられ、この山城の中でも中心となる主殿のような建物があった。一曲輪の険峻さと比べ、 曲輪取りも広く、展望性に富んでいて、飲料水を確保する水の手曲輪も近くに有り、生活機能が重視されている。(説明板より)」

【二曲輪からの眺望】
二曲輪からの眺望は非常に良く、展望案内板によると、磐梯山の山裾左の方には若松城も見えるらしいが、 私にはよく見えなかった。


【一曲輪へ】
一曲輪は、標高408.8mの山頂にある。 曲輪の東南は大川畔まで169mの絶壁で、他は土塁や空堀で厳重に固められた詰の城である。この山城の象徴的な「天正矢倉」 もあったと考えられ、曲輪東北部には櫓台状遺構が現存する。(説明板より)
【登城口】
登城口には一曲輪に関する説明板が設置されている。写真奥の虎口を入城する。

【一曲輪への登城口】
九十九折の登城道は何とも趣きがあり、気持ちよく登って行ける。
 

【虎口】
一曲輪への登城道には、途中何箇所も虎口を通ることになる。喰い違い虎口が多いが、この虎口は、 ちょっとした枡形虎口のようになっている。

【空堀】
途中、空堀にも何箇所か出会う。ここは右側は空堀、左側は急崖(一部掘られたような痕跡も)になっており、 土橋のようになっている。

【一曲輪への最後の虎口】
ここの手前両側も空堀だったらしく、窪みになっていた。

【一曲輪】
一曲輪は整備が行き届かないのか結構な藪だ。あまり広くはなく、長軸40m弱ほどだ (短軸は藪で入って行く勇気がなかった)。また木々に遮られ眺望も良くない。

【天守櫓台跡?】
一曲輪の北東部がちょっと高く土塁のようになっていたので、藪の中を恐々入っていったら、この辺りだけは、 眺望がやや開け、ベンチが設置されていた。多分、ここが一曲輪登城口の説明板にあった「天正矢倉」の櫓台状遺構であろう。

トップページへ このページの先頭へ

コメント

この記事へのコメント

名前

メールアドレス

URL

コメント