プロフィール

【名前】 タクジロー


【出身地】 三重県四日市市

【現住所】 東京都江東区豊洲


【趣味】 旅行、古城・古戦場めぐり、温泉めぐり、読書、ゴルフ、酒はなんでも?


【好きな食べ物】 鰻、鮨、蕎麦、カレー、魚(青魚・白身・鮭他)、じゃがいもコロッケ他

【苦手な食べ物】 チーズ、バター、マヨネーズ、生と半熟の卵、魚(鮪トロ・鰤)、マンゴ他多数


【歴史上の好きな武将】
北条早雲・氏綱・氏康、蒲生氏郷、明智光秀、立花宗茂、加藤清正、黒田如水
真田信隆・昌幸・信之・幸村、本多忠勝、小早川隆景、

【歴史上のあまり好きでない武将】
源頼朝、武田信玄、徳川家康、伊達政宗、山内一豊、本多正信・正純


【引越履歴 】
仕事の関係もあり、随分引っ越しをしたものである。
四日市市→三鷹市→世田谷区→渋谷区→世田谷区→板橋区→大田区→与野市(現さいたま市)→静岡市(2ヶ所)→浜松市(2ヶ所)→岡崎市→長崎市→京都市(2ヶ所)→札幌市→新宿区→江東区


私は高校時代、最も苦手で嫌いな科目が日本史でした。
そして、歴史といえば、せいぜい子供の時に読んだ立川文庫や漫画本の影響で、歴史上の好きな人物は、「豊臣秀吉」「織田信長」「真田幸村」「猿飛佐助?」といったところであった。

そんな私が城(城跡)に興味を持ったのは、浜松在住時代(43歳)の1990年8月に琵琶湖方面へ旅行した時、たまたま安土の近辺を通り、安土城址の看板を見て、『おう!これが、かの安土城か!』とばかり登城し、階段を登って行く時に両側に転がっている数限りない石や石垣、そして本丸脇の草むらに埋まる石垣等、膨大な数の石をみて『滅びの美』といったものを感じ、感慨(妄想?)に浸ったのが始まりである。

今回、60歳を前にして、これらを記録に残しておくのも悪くないなと考え、ホームページを開設することにした。
埋もれた古城」、「余湖くんのお城のページ」、「お城の旅日記」、「近江の城郭」、「ザ・登城」、「ちえぞー!城いこまい」等々、他にも非常に多くの方が城に関するホームページを開設し、それらの全てが、実に専門的な知識をもとに素晴らしいホームページであり、その足元にも及ばないことは重々承知の上で、今回、「私の登城日記」ということで開設しました。