磐城 白河関(白河市)

白河関跡に祀られた白河神社への入口

蝦夷の南下を防ぐために築いた砦

所在地

白河市旗宿字関ノ森

形状

現状・遺構

現状:白河神社
遺構等:曲輪、土塁、空堀、石碑、説明板

満足度

★★☆☆☆

訪城日

2007/07/28
2008/11/26

歴史等

白河の関は、古くよりみちのくの関門として歴史にその名を刻みまた文学の世界では歌枕として数多くの古歌に詠まれた場所である。
関の位置については久しく不明であったが、江戸時代中期、時の白河藩主松平定信の考証により、この地が、白河の関であると推定され、 寛政12年(1800)に「古関跡」の碑が建てられ今日に至っている。
関が置かれた年代については不明であるが、延暦18年(799)、承和2年(835)の太政官符には「白河剗」 の名が認められることや歴史的な背景からみて、大化の改新以後の7~8世紀頃には存在していたものと考えられる。
昭和34年から38年までに実施された発掘調査では、竪穴住居跡や堀立柱建物跡、空堀、土塁、 棚列などの古代から中世にいたる遺構が発見され、縄文土器、土師器、須恵器、鉄製品などの遺物が出土している。出土した土師器の中には、 「門、大室、□舟」などの墨書土器がみられる。
白河関の全体像についてはまだ未解明な点もあるが、現在も奥州三関の一つとして多くの人に親しまれ、 歴史のひとこまに触れることができる場となっている。
『現地説明板より』

現況・登城記・感想等

遺構を見るかぎり、白河関は関所というよりも砦といった方がそぐわしいし、実際にも、蝦夷の南下を防ぐために造られた砦であろう。 それは往時としては実に立派な土塁と空堀がそれを象徴している。
土塁は、この小山の至る所に巡っているようである。中でも私が魅了されたのは、頂上部に残る曲輪跡? の周囲を巡っている3m程の高さの土塁と、その外側を巡っている空堀である。 北側の土塁は意識的なものか自然の地形からのものかは分からないが、横矢が掛かっているように折れがあり、実にかっこいい。
(2007/07/28訪れて)

ギャラリー

白河関の絵図

㊧白河神社への階段、  ㊨白河神社
この神社のすぐ横に、空堀・土塁等の遺構の多くがある。
 

古関蹟の碑
白河藩主松平定信が寛政12年 (1800)8月、ここが白河関であることを断定し、建立した碑である。

幌掛の楓(かえで)
源義家が安部貞任攻め (前九年の役)の為、白河関を通過する時、この楓の幌をかけて休息したと伝える。しかし、定信がここを白河関であると断定したのが、 1800年であるのに、何故それよりもはるか昔に幌を掛けた楓が特定できるんだ? それにこの楓の木、 そんなに昔のものとは思えないほど小さいぜ!!
 

【遺構】
土橋
土橋の両側は結構深い空堀(下の2つの写真)がある。中央やや左は土塁。

土橋両側の空堀
最初にこの空堀が見つかった時は、 ここまではっきりと残っているとは思わなかっただけに本当に感激した。
 

曲輪跡
この曲輪の周囲をめぐる土塁も見所の一つである

北側の折りのある土塁と空堀
この北側の土塁は、意識的なものか自然の地形からのものかは分からないが、横矢が掛かっているように折れがいくつもあり、実にかっこいい。

トップページへ このページの先頭へ

コメント

この記事へのコメント

名前

メールアドレス

URL

コメント