磐城 相馬中村城(相馬市)

大手二ノ門跡から一ノ門を

平将門を遠祖とする相馬氏260年の本拠、伊達氏に備え北方の守りが堅い

別名

馬陵城

所在地

福島県相馬市中村字北町(馬陵公園)

形状

平山城

現状・遺構等

現状:馬陵公園
遺構等:曲輪、土塁、空堀、水堀、堀切、城門、井戸、石碑、説明板

満足度

★★★☆☆

訪城日

2007/08/14

歴史等

相馬中村城のはじまりは非常に古く、平安時代の延暦20年(801)に坂上田村麻呂が蝦夷征伐の時、西館(現在の西部一帯) に菅原敬実を置いて守らせたと伝える。
敬実は天神(北野神社)を氏神として館を構えていたが、後世になって源頼朝が平泉の藤原泰衡を討っての帰り道、 天神林に馬をつなぎ菅原の館に宿営したと伝えられる。
その後、中村城は居住者の無かった時代もあり、中村氏や黒木氏が居住したこともあり、 小高城の相馬氏がここに城代を置いたこともあって変遷を繰り返した。
慶長16年(1611)相馬藩主利胤の時、城の南下を流れていた宇多川をさらに南方に切りかえ、土木工事を盛んにおこして城を広げ、 今見るような姿にして小高城からここに移った。
相馬氏は初代から幕末まで同じ子孫が貫いている。他の国々は転変しており、全国に2つしかない。南北朝時代・戦国時代・天下統一以後と、 激動の中で果敢に戦い、また時勢に柔軟に処したのである。
関ヶ原合戦時、相馬領は北部は東軍方の伊達氏、南部は西軍方の佐竹氏と接していた。東西いずれに味方しても相馬領に侵入する恐れがあり、 中立策をとった。合戦後、徳川家康により所領を没収されたが、経緯を説明し、旧領回復の嘆願が認められた。相馬氏と伊達氏は、 戦国時代から仲が悪く、合戦を交えること30数回と伝えられる。家康にとっても、天下への野心を捨て切れない伊達氏は、 心許すことの出来ない仮想敵国でもあったのである。家康は、相馬氏を伊達氏に対する押さえとして利用したのである。相馬氏も、それを理解し、 本拠を領国の中央にある小高城から、北に偏し統治に不便な中村城へと移し伊達氏に備えたのである。
以来、中村城は明治まで260年間、6万石の城として続いた。
中村城は小規模ながら古くは蝦夷に、新しくは伊達氏に備えたため、北方に守り堅い名城と云われ、 石垣が少なく土塁をめぐらし多くの濠に囲まれているのも特色で、よく古城の名残りをとどめている。
ただ1つ残る大手一の門は慶安元年(1648)の建築と伝えている。
『「現地説明板」、「日本の名城・古城もの知り事典(主婦と生活社刊)」、「歴史と旅・戦国大名総覧(秋田書店刊)」参照』

現況・登城記・感想等

到着が夕方になってしまい、大急ぎで廻った。東三の丸跡が駐車場になっており、そのすぐ傍に南二の丸へ入る城門が残っている。
本丸は、相馬神社が建ち、天守台跡もある。本丸虎口は大手口と搦手口の2箇所あるが、どちらも堀切の上に橋が架かり、手前から見ても、 横から見上げても実にかっこよく、絵になる。
また、中村城は土塁や水堀も多く残り往時を偲ばせてくれるし、全体を通しても、面影の良く残る城址であり、 ゆっくりと散策しながら見て廻りたい城址である。
(2007/08/14登城して)

ギャラリー

相馬中村城の図          ~クリックにて拡大画面に~

外堀(東三の丸の堀)

外大手一の門(現存)
慶安元年(1649) の建築、翌年完成

大手二の門跡

中の門跡
奥は土塁に囲まれた非常に広い南二の丸

堀切の上に架かる本丸大手の橋  ~クリックにて拡大画面に~
本丸虎口は大手口と搦手口の2箇所ある。
どちらも堀切の上に橋が架かり、手前から見ても、横から見上げても実にかっこよく、絵になる。

本丸には相馬神社が

搦手口の橋と堀         ~クリックにて拡大画面に~

トップページへ このページの先頭へ

コメント

この記事へのコメント

名前

メールアドレス

URL

コメント