陸奥 野辺地城(野辺地町)

駐車場(郭跡)入口に建つ「野辺地代官所跡」の標柱

七戸南部氏分流野辺地氏の城、江戸期は代官所が置かれ、幕末には野辺地戦争の舞台

所在地

青森県上北郡野辺地町城内

形状

崖端城

現状・遺構等

現状:市街地(歴史民族資料館・図書館等)
遺構等:堀、代官所標柱

満足度

★☆☆☆☆

訪城日

2007/08/12

歴史等

城主は七戸南部氏の分かれといわれる野辺地氏だったらしいが、慶長年間までには野辺地城から立ち退いていたと思われる。
江戸時代には代官所が置かれ、明治元年(1868)の野辺地戦争の際は津軽藩兵との激戦の舞台となった。
『サイト南部八戸の古城・ 館より』

現況・登城記・感想等

郭跡は、歴史民俗資料館や図書館等の施設、及び駐車場になっている。駐車場入口の一角に築山風の坪庭があり、そこに「野辺地代官所跡」 の標柱が建っている。標柱の対面の家の裏には堀が残っており、野辺地川へと繋がっているようだ。
郭跡から野辺地川へは断崖絶壁になっており、川の外側から見上げると、要害堅固な立地にあるのが分かった。
尚、歴史民俗資料館には野辺地城に関するものは、ほとんどないとのことであった。
(2007/08/12登城して)

ギャラリー

野辺地城郭跡
郭跡は、歴史民俗資料館や図書館等の施設、及び駐車場になっている。

堀跡(駐車場入口左側家の裏)
標柱の対面の家の裏には堀が残っており、野辺地川へと繋がっているようだ。写真では分かりづらいが、 良好に残る、かなり大規模な堀である。

城址遠景
城下の野辺地川へは断崖絶壁になっており、川の外側から見上げると、要害堅固な立地にあるのが分かった。

トップページへ このページの先頭へ

コメント

この記事へのコメント

名前

メールアドレス

URL

コメント