磐城 白川城(白河市)

切り立った本丸への階段

白河結城氏の本拠

所在地

白河市藤沢18番地他

形状

山城

現状・遺構等

現状:山林
遺構等:曲輪、土塁、堀切、石碑、説明板

満足度

★★☆☆☆

訪城日

2007/07/28

歴史等

白川城は、白河市街の東方、阿武隈川の川筋を南から一望できる丘陵につくられた。
御本城山(館山)と呼ばれる山頂の平坦部は空濠と土塁で守られた白川城の中心部にあたり、 この周辺に防御のためにつくられたたくさんの平坦地や土塁がひろがっている。
結城氏は、小山氏初代、小山政光の三男朝光が寿永2年(1183)に源頼朝から下総国結城郡を与えられたことからはじまる。その後、 結城家は宗家と陸奥白河結城家(山川氏)に分かれた。白川結城氏は、この城を本拠地として北関東から奥州にかけて活躍した。そして、 北条得家と結びつき、14世紀初めに南奥州の有力御家人に成長していった。
やがて後醍醐天皇が北条氏打倒の兵を挙げるといち早く天皇方に参戦し、宗広・ 親光父子が南朝方の中心的存在として奥州軍を率いて京都周辺まで2度も遠征し、北朝方の足利尊氏軍と戦った。
そして建武中興後は南朝方の重鎮の地位を確保し、白河結城氏は、宗家をはるかにしのぐ勢力を振るった。
戦国時代の天正年間初期、12代義顕は一族小峰城主小峰義親に追われ会津へと逃亡し、 白川城は廃城となった。
『「現地説明板」、「歴史と旅・戦国大名総覧(秋田書店刊)」等参照』

現況・登城記・感想等

白川城址は、ひっそりとした山林の中にあり、往時の雰囲気を実によく偲ばせてくれる城址であった。
舗装された道路脇に「白川城址入口」の案内板があり、そこを入った山道を本丸下まで車で行け、そこに駐車ができる。正面には石碑が建ち、 切立った本丸へと登る階段がある。
中世初期の城としては、結構大規模な城であったようであるが、今は本丸周辺だけは整備されているが、真夏でもあり、 周りは藪がひどく入っていけそうにない。
しかし、本丸を含み、その周辺には結構遺構が確認される。本丸は当時の山城としてはかなり広く、奥(北)の方には土塁が残り、 虎口らしき跡も確認できる。本丸からの眺望は、残念ながら鬱蒼と生茂った木々の葉が邪魔をしてあまり良くない。
また、本丸下の駐車場の右手には堀切があり、堀切の奥には曲輪がある。左側も段曲輪のようであり、奥へ入って行くと虎口らしき所に出る。 そこからさらに左(北西)の方(北曲輪があるようである)へ土塁に沿って行けるようであったが、草に覆われていたため断念した。 いまだにマムシトラウマから解き放たれていない自分であった。
(2007/07/28登城して)

ギャラリー

本丸
本丸は当時の山城としてはかなり広く、奥(北)の方には土塁が残り、虎口らしき跡も確認できる。また、後村上天皇聖蹟之碑が建っている。

本丸奥の土塁と虎口らしき跡

本丸手前下右手の堀切

本丸下左(西)の段曲輪?

段曲輪奥の虎口(外側から)

段曲輪奥の虎口(内側から)
ここから右へ(北西)の方(北曲輪があるようである)へ土塁に沿って行けるようであったが、草に覆われていたため断念した。 いまだにマムシトラウマから解き放たれていない自分であった。

トップページへ このページの先頭へ

コメント

この記事へのコメント

名前

メールアドレス

URL

コメント