今帰仁城(今帰仁村)

ほぼ原形をとどめた曲線を描いた石積みがきれいな志慶真門郭

三山時代の北山の城、各郭を丸く囲んだ石塁が美しい

別名

北山城

所在地

沖縄県国頭郡今帰仁村今泊

形状

平山城

現状・遺構等

現状:山林 【世界遺産】
遺構等:郭、石垣、平郎門、説明板、石碑

満足度

★★★★★

訪城日

2000/12/08
2002/11/25

歴史等

いつ誰によって築かれたかは不明ではあるが、発掘調査の成果から13世紀頃には城造りを始めたことが分かっている。14世紀の中国の史書に琉球国山北王「怕尼芝(はにじ)」「珉(みん)」「攀安知(はんあんち)」の三王が登場する。この頃の沖縄は北部地域を北山、中部地域を中山、南部地域を南山がそれぞれ支配した「三山鼎立の時代」であった。「怕尼芝」「珉」「攀安知」の三王は、その一国として北部地域と奄美諸島を支配下として中国と貿易をしていた。
しかし、1416年(1422年説もある)に中山の尚巴志(しょうはし)によって滅ぼされ、北山としての歴史を閉じる。北山の敗北後、中山は北部地域の管理とし監守を設置。1422年以後、監守の居城としてグスクを利用する。
しかし、1609年に薩摩軍による琉球侵攻にあい、城は炎上した。監守が住まなくなって以後は御嶽とし精神的拠り所として参拝者が訪れている。
『今帰仁城跡管理事務所発行パンフレットより』

現況・登城記・感想等

沖縄には札幌在住時代の2000年12月8日に行ったのが初めてである。当日の朝の札幌は非常に寒く、出発した時の気温が-9℃で、那覇に着いたら26℃である。何と35℃もの差があった。まさに真冬から真夏の真っ只中に来たのである。当然、空の色は真っ青でねずみ色の北海道の空とは大違い。
その沖縄で最初に訪ねたのが、世界遺産に登録されたばかりのこの今帰仁城である。まず、登り始めて最初に出会ったのが平郎門である。よく崩れ落ちないなあと思いながら、石組みの門をくぐった(尤も、現在の門は昭和37年に造られたものとのこと)。門をくぐると石段が続いており、両側には桜の木々が植えてある。花見の季節はいいんだろうなあと思いながら、本丸まで登ると、大隅(ウ-シミ)、御内原(ウーチバル)そして奥の方には志慶真門郭(シジマジョウカク)の美しい石塁がよく見える。その石塁は本土?にあるものとは違い、全て丸く囲んである。それほど高く積まれてはいないが、周りの山々や、その山並みの向こうに見える海原(東シナ海)と調和がとれて実に素晴らしい風景を醸し出している。
(2000/12/08に登城して)

ギャラリー

今帰仁城の想像図
④カーザフ:「カー」は川や湧泉のこと、「サフ」は谷間を示す言葉。 ⑥大庭:催物の会場になった場所と見られる。 ⑦御内原:女官達の生活の場と伝えられる。
nakijin-ezu

平郎門(正門)

登城道(主郭近くから振り返って見る)

主郭(本丸跡)

志慶真門郭① ~クリックにて拡大画面に~
曲線を描いた石積みは、ほぼ原形をとどめている。発掘調査で武家屋敷跡が確認されている。志慶真門(裏門)の南側は近世初期まで志慶真村があった場所である。

志慶真門郭② ~クリックにて拡大画面に~

大隅(ウーシミ) ~クリックにて拡大画面に~
城内で一番広い郭で、馬の飼育や調教をしていた場所と見られている。

トップページへ このページの先頭へ

コメント

眠り姫(2006/01/20)

早速覗きにきました!
高尚なHPですね(o^-^o)

去年沖縄に行った時に今帰仁城に行きましたよ。
石畳がすごかったのを覚えています。

タクジロー(2006/01/23)

一度、桜の季節(2月頃?)に行ってみたいものですね。

お洒落なオヤジ(2006/04/24)

んー僕も行ってみたいです~^^

この記事へのコメント

名前

メールアドレス

URL

コメント