陸奥 一戸城(一戸町)

城址の雰囲気が残る登城道(堀底道?)

南部義実の築城、九戸の乱で九戸政美と南部信直の争奪戦が

所在地

岩手県二戸郡一戸町北館

形状

平山城

現状・遺構等

現状:一戸公園、宅地、畑、山林等
遺構等:空堀、虎口?、標柱

満足度

★☆☆☆☆

訪城日

2002/03/24

歴史等

 一戸城は一戸南部氏の居城で、建長年間(1249~56)に南部義実が築いた。
天正9年(1581)平館城主一戸政包が一戸城主で兄の一戸政連とその子を殺害した。この事件により一戸南部氏は滅亡した。
天正19年(1591)九戸の乱の際に、九戸政実側の手に落ちたが、 秀吉の奥州仕置軍に攻められ落城、廃城となった。

【九戸の乱】
九戸政実は、南部晴政・ 晴継が相次いで没した後、三戸南部氏の惣領に実弟の実親を擁立しようとするが、反対派の推す晴政の養子・ 信直が当主に迎えられたことに不満をいだいた。
天正18年(1590)の豊臣秀吉による奥州仕置後、各地で領地を没収された各氏の遺臣が一揆を起こし不穏な情勢になると、 政実もそれに乗じて天正19年(1591)3月、独立を策し南部氏信直に叛逆した(九戸の乱)。
信直は、これに対し苦戦を強いられたが、秀吉の送った奥州再仕置のための浅野・蒲生軍が到着すると各個撃破され、九戸城も蒲生氏郷率いる大軍により囲まれた。 奮戦するも謀略により九戸城は落城した。

現況・登城記・感想等

ほとんど遺構らしきものは何も残っていない。小さな公園になっていて、国道と反対側がちょっとした崖になっているのが分かる程度。
(2002/03/24訪城後)


前回、城址のはっきりした痕跡を認められず、がっかりして帰った城址であるが、たまたま近くを通ったので、再度登城してみた。
当然、今回も、特にこれといったものも見つからなかったが、本丸虎口?の外側に古くて薄汚れた「一戸城跡」の標柱を見つけた。 その下あたりに、空堀跡らしきものも。
本丸に、「一戸城址に桜の木を」との標柱を見つけた。桜の木もいいけど、せめて城址の説明板くらい欲しいなあ!
(2007/08/13登城して)

ギャラリー

㊧本丸、㊨本丸からの眺望
本丸跡は、児童公園になっている。ここからは崖になっており、眺望は結構良い。
 

㊧本丸虎口と、㊨その傍に建つ標柱
本丸虎口?の外側に古くて薄汚れた「一戸城跡」の標柱を見つけた。
 

㊧空堀、㊨登城道
本丸虎口の下辺りが、登城道等々唯一城址らしき雰囲気があり。その下には空堀が(写真では分かり辛い)。
 

トップページへ このページの先頭へ

コメント

お洒落なオヤジ(2007/08/19)

キムタク様

青森、渋滞の中ご苦労様でした!
HP楽しみにしております。城壁もこう比較すると楽しいものですね!
↓ここのジェラードですね。今度は娘と行って来ます!
店名 パスコロ・手作りアイスクリーム
住所 北海道小樽市星野町19-11
電話 0134-62-6400
雰囲気 デート向き、ファミリー向き、1人でも可、少人数向き 

タクジロー(2007/08/21)

そうです。「パスコロ」です。
私の札幌在住時代3年半で行った、北海道約150箇所のアイス(ソフトも含めて)の中で、最高に美味しいです。
ちなみに、冬場だと、量が多めです。

この記事へのコメント

名前

メールアドレス

URL

コメント