岩代 神指城(会津若松市)

僅かに残る土塁の全景

上杉景勝が徳川家康との決戦を想定して築き始めた未完成の城

所在地

福島県会津若松市神指町高瀬字5百地

形状

平城

現状・遺構等

現状:田畑
遺構等:土塁、石垣の基礎石、説明板

満足度

★☆☆☆☆

訪城日

2008/09/30

歴史等

慶長3年(1598)に120万石の太守として会津若松城主となった上杉景勝は、 石田三成と共同謀議して徳川家康を討とうとした。
まず、景勝が会津で挙兵し、家康が討伐に東国へ向かった隙に三成が上方で挙兵し、東西から家康を挟み撃ちにしようという戦略である。
そのために景勝は若松城の北西、 神指ケ原に新城を築き始めた。工事は会津一円をはじめ仙道(福島県中通)、越後方面から12万人の人夫を狩り集め、慶長5年(1600) 2月から昼夜兼行で進められた。
この築城に神経をとがらせた家康は、再三使者をもって「新城を築いたり、武具を集めたりしているとの風評であるが、おだやかではない。 上洛して弁明せよ。」と申し送った。
これに対して景勝の家老直江兼続は、「上方の武士は茶道具などをお集めだろうが、田舎武士は槍、鉄砲、弓矢などを集めている。 その国々の風俗だと思われたい」といった痛烈な返答を叩きつけた。世に「直江状」と呼ばれる。
怒った家康は、6月に会津討伐のため大軍を率いて、東国へ向かった。
その留守に石田三成が予定通り挙兵したが、引き返して行った家康は9月15日、関ヶ原で三成の西軍を粉砕した。
夢破れた景勝は翌年7月、上洛して家康に臣従を誓った。家康は景勝から会津、仙道の領地を召し上げ、30万石で米沢へ移封した。 同時に、神指城(こうざしじょう)も完成をみることなく廃城となった。
『歴史と旅・日本城郭総覧(秋田書店刊)より』

現況・登城記・感想等

田圃の中に「高瀬の大木」が聳える土塁跡が一部残っているだけで、若松城以上の城を築いていたという面影は全くなく、今では 「高瀬の大木」の方が有名なようだ。
「高瀬の大木(ケヤキ)」は往時から御神木として崇められていたであろうから、この丘(土塁)にしても、この大木が聳えていなかったら、 当然壊されていたに違いない。
それにしてもデカイ木だ!しかもケヤキの木である。楠の木でさえこれだけ幹が太いのは見たことがない。
(2008/09/30訪れて)

ギャラリー

石垣の基礎石
ここより南方300mの本丸へ、慶山村(現・東山町)の山中から運んだと云われる石垣の基礎石で、 昭和58年にここに移して保存されている。

説明板
「高瀬の大木」の後ろの少し高くなっている場所に簡単な城址説明板が設置されている。

「高瀬の大木(ケヤキ)」(国指定天然記念物)
それにしてもでかい木だ!右写真の後ろに見える説明板と較べてもらったらその太さが分かると思う。 城の東北隅の土塁上にある。築城前から既に大木で、根元の周囲12.55m、目通り幹囲10.45m、樹高24.64mもあるそうだ。
 

トップページへ このページの先頭へ

コメント

この記事へのコメント

名前

メールアドレス

URL

コメント