伊勢 八田城(松阪市嬉野)

主郭南の見張り台跡

相模から来た三浦氏により築かれ、秀吉の攻撃にも耐えた城

別称

霧山城

所在地

三重県松阪市嬉野八田町
【アクセス】
義明寺の南東の山が城址。伊勢自動車道「一志嬉野インター」を下りて突き当たった信号を左折し、県道67号を南下する。中村川を「島田橋」で渡った「島田橋南信号」から450m程南下した2つ目の路地を右折し150m程西進した左手に50m程に登城口(模擬櫓と木橋が見える。TOP写真参照)がある。路地をそのまま100m程進み突き当たった辺りに駐車した。
義明寺:嬉野八田町149

主郭までの所要時間

登城口から約5~6分

形状

平山城(標高約58m、比高約34m)

現状・遺構等

【現状】 城址公園
【遺構等】曲輪、土塁、見張り台、空堀、堀切、竪堀、井戸、復元櫓、復元木橋、石碑、遺構案内板、説明板

満足度

★★★☆☆

訪城日

2011/04/21

歴史等

八田城についての同時代の史料は見当たらず、近世の地誌である「勢陽五鈴遺響」には、大多和兵部少輔が居たとし、明治年間作成の地誌をまとめたと思われる「伊勢名勝志」には、大多和氏の前身三浦氏の築城とする。
『現地説明板より』

八田城は、鎌倉時代に相模から三浦盛時が来て築城したといわれ、後に大和多と姓を改めたという。正平年間(1346~70)、国司北畠顕能に従い、以後、歴代国司家に属していた。
永禄12年(1569)、織田信長の伊勢侵略の時に、羽柴秀吉がこの城を攻めたが、攻めあぐんだといわれる。
また突然、山手から濃霧が発生して城を覆ったため、地理に詳しい八田城の兵が勝利を得て、秀吉勢は退去するはめになったと伝えられることから別名霧山城ともいう。
天正4年(1576)の国司滅亡後、大和多氏は城を出て下之庄に住み土着し、再び三浦と改めた。
尚、八田城の山麓には、三浦氏の祖三浦大介義明の霊を祭る三浦山義明寺がある
『日本城郭大系10より』

現況・登城記・感想等

あまり期待もせず登城したが、城址公園として整備がされている上、遺構の残存状態もよく、ほぼ完存状態であり、充分見応えのある城址だった。
登城口には模擬櫓や木橋が築造され、戦国時代の雰囲気を醸し出している。
城は、比高約34mと、それほど高くはないが結構切り立った山の頂部に主郭を構える。主郭周囲は、高さ3mほどの土塁がめぐり、その周辺部には、低い土塁や堀切などで付属の曲輪が備えられている。
主郭南部の土塁は一段高く、見張り台跡である。
見張り台横に虎口があり、その南は深い堀切で断ち切られ、そこに丸太橋が架けられている。
堀切は、東側下へ廻りこむように空堀・竪堀となり落ちて行っており、その下の方の空堀の脇には井戸跡が残っている。
(2011/04/21登城して)

ギャラリー

登城口
登城口には模擬櫓(写真右)が建てられている。その模擬櫓から左へ続く木橋(写真中央)の下をくぐって表道を登城する。木橋を左の方へ渡って裏道を行くこともできるようだ。
IMG_2690

石碑と説明板
登城口の手前脇に石碑と説明板が立っている。
IMG_2646

【表道】 (土塁と堀底道)
表道は、堀底道になっている。土塁は1~2mほどの低いものである。
IMG_2649

井戸跡
途中、左下の谷間に曲輪跡があり、その前に井戸跡が確認できる。
IMG_2660

竪堀
井戸の横には、主郭南の堀切から落ちてきている竪堀がある。
IMG_2657

主郭手前の曲輪
主郭周辺部には、低い土塁や堀切などで付属の曲輪が備えられている。
IMG_2661

主郭虎口
IMG_2662

主郭
山頂部にある主郭の広さは50m×50mほどあり、周囲を高さ3mほどの土塁がめぐる。
IMG_2665

主郭南側から西側にかけての土塁
IMG_2666

模擬物見櫓
主郭北西部に模擬物見櫓が建てられている。
IMG_2679

主郭南部の見張り台跡
主郭南部の土塁は一段高く、見張り台跡である。
IMG_2664

見張り台脇の虎口
見張り台の東脇にも虎口があり、その向こうは堀切で断ち切られ、そこに丸太橋が架けられている。
IMG_2668

主郭南側の堀切
丸太橋の上から撮ったものであるが、なかなか見応えのある。
IMG_2670

主郭南側の堀切を外側から撮影
丸太橋を渡り、振り返って撮ったもので、奥の土塁は見張り台跡。
IMG_2672

主郭南側から東側へ廻りこむ空堀
主郭南側の堀切は、主郭東側を廻りこむようにして下の方へ竪堀となって落ちていっている。
IMG_2675

【裏道】
登城口に建つ櫓上から続く木橋を進む道は裏道のようで、主郭下の谷間にある井戸の辺りで合流するようだ。
IMG_2685

トップページへ このページの先頭へ

コメント

名無しのハムスターのうんこ(2016/05/03)

地元の八田城の歴史がわかった。

ありがとうございます。

参考になったで。

タクジロー(2016/05/05)

当サイトへのご訪問ありがとうございます。
また、時々、ご訪問とコメントをお待ちしております。

この記事へのコメント

名前

メールアドレス

URL

コメント