南部藩砂原陣屋(森町、旧砂原町)

南東部土塁上から郭全景を

北辺警備のためにモロラン陣屋の分屯所として築造された陣屋

別名

砂原南部藩屯所

所在地

北海道茅部郡森町字砂原3丁目
【アクセス】
渡島砂原駅の前(北側)を通る国道278号を800mほど西進すると右手に「砂原陣屋跡」の大きな看板が現れるのですぐ分かる。陣屋跡の中に駐車スペースたっぷり有り。
(国道278号線沿いに建つ「砂原陣屋跡」の看板と虎口)
IMG_3701

形状

陣屋

現状・遺構等

【現状】 史跡公園
【遺構等】 郭、土塁、石垣?、空堀、石碑、説明板

満足度

★★☆☆☆

訪城日

2012/08/01

歴史等

18世紀末、帝政ロシアが千島・樺太へ次々と南下侵攻してきて、幕府にも蝦夷植民地化の危機感が広がった。幕府は、嘉永6年(1853)のペリー来航により、箱館開港と箱館奉行所を設け、安政2年(1855)には、松前藩任せでは無理との判断から蝦夷の直轄を決めた。
そして、幕府は、津軽藩・南部藩・仙台藩・秋田藩・松前藩の5藩に分担で蝦夷の警備を命令した。南部藩は、箱館から幌別までの海岸一帯(約248km)の警備を命ぜられた。
現地調査にあたった上山半右衛門、新渡戸十次郎(新渡戸稲造の父)は、仮想敵国ロシアは港から侵攻すると想定した陣を敷いた。津軽海峡を守る箱館元陣屋に主力を置き、絵鞆(現室蘭市)に出張陣屋(モロラン陣屋)を、ヲシャマンベに屯所(ヲシャマンベ陣屋)を置き、この砂原の地にも安政3年10月から翌年1月にかけて、砂原分屯所として陣屋を築造した。
陣屋は、駒ケ岳を背に海岸に面して構築され、本郭は東西約37間(約66.6m)、南北約33間(約59.4m)の方形で、周囲に高さ約1丈(約3m)の土塁をめぐらし、さらに土塁上に柵を設け、その外側に深さ6尺(2m弱)の空堀を回していた。
明治元年(1868)7月に陣屋内の家屋等を壊して引き揚げるまで、常に約30名の藩兵が駐屯していたという。
『「現地説明板」、「モロラン陣屋跡説明板」、「室蘭民俗資料館内展示&印刷物」、「日本城郭大系1」参照』

現況・登城記・感想等

砂原陣屋は、僅か30名ほどの藩兵が駐屯していた陣屋としては規模も大きい上、郭の周囲をめぐる土塁が完存し、充分見応えがある。
説明板などによると、土塁の高さは約3mとのことだが、今では2m前後くらいだろう。また、土塁の北西部外側には、石垣が確認されるが、目地をコンクリートで固めてあることから考えると、土塁の土留めのために、後に築いた石垣であろう。コンクリートで固めてない部分もあるが、逆に、こちらは、当時のものにしては、あまりにも雑な積み方である。また、土塁の他の部分では石垣が確認されなかったことなどを考え合わせると当時の遺構ではないだろう。
一方、「日本城郭大系1」によると、空堀は駒ケ岳からの流出土砂で埋まったとあるが、東側土塁の外側は畑にはなっているが、周囲より低くなっており、空堀跡と考えても良いのではないだろうか。
いずれにして、登城前には、あまり期待をしていなかったが、規模といい、郭周囲の完存土塁といい想定以上の陣屋跡に出逢えたのはラッキーでした(*^_^*)。
(2012/08/01登城して)

ギャラリー

南側虎口
虎口は、南側と北側の2ヶ所あり、この国道278号線沿いの南側虎口の前には石碑が建っている。
IMG_3702

北側虎口
内浦湾に繋がる、この北側虎口が大手でしょうか。
IMG_3693

大手虎口前から郭の東部分を
IMG_3694

大手虎口前から郭の西部分を
IMG_3695

南東隅土塁上から郭全体を
郭は東西約37間(約66.6m)、南北約33間(約59.4m)の方形で、周囲に高さ約1丈(約3m)の土塁をめぐらしていた。ただ、現在は、土塁の高さは2m前後で、高い所でも2m半程度です。
IMG_3707

南西隅土塁上から郭全体を
IMG_3714

北西部土塁外側
土塁の北西部外側には、石垣が確認されるが、目地をコンクリートで固めてあることから考えると、土塁の土留めのために、後に築いた石垣であろう。
IMG_3709

西側土塁外側
コンクリートで固めてない部分もあるが、逆に、こちらは、当時のものにしては、あまりにも雑な積み方である。
IMG_3711

空堀跡?
東側土塁の外側は畑にはなっているが、周囲より低くなっており、空堀跡と考えても良いのではないだろうか。
IMG_3718

トップページへ このページの先頭へ

コメント

この記事へのコメント

名前

メールアドレス

URL

コメント