岩代 桑折西山城(桑折町)

本丸跡にたつ城址碑

伊達氏初代より360年の本拠?or14代稙宗が梁川より移り本拠に?

別名

高館城

所在地

福島県伊達郡桑折町万正寺(観音寺の裏山)
観音寺:電話024-582-3072

形状

山城

現状・遺構等

現状:山林
遺構等:曲輪、土塁、空堀、石垣、石碑、説明板

満足度

★★★☆☆

訪城日

2007/08/14

歴史等

桑折西山城(こおりにしやまじょう)は、文治五年(1189)伊達朝宗が、源頼朝の平泉藤原氏征伐の軍に従って功をたて、 恩賞として伊達郡を得て、常陸国伊佐から移り、 天然の要害を利用して山城を構えた。第1代朝宗以来、第15代晴宗が米沢城に移るまでの約360年間伊達氏の本拠地であった。
この間、南北朝時代の城主は、郷土の士を率いて、北畠顕家と共に各地に転戦した。また、室町時代には勢を拡張し、 奥州探題守護職として広域にわたり軍事行政の実権を握った。
『現地本丸跡説明板より』
現地本丸跡説明板によると以上のようになっているが、最近の調査では、3代義広から梁川城(伊達市梁川町) を本城とし、14代稙宗が天文元年(1532)に本拠をこの桑折西山城に移したとされるようである。
尚、初代朝宗は、頼朝より伊達を恩賞として与えられた時に伊達氏を称したが、伊達は古くは「イダテ」と読み、のち「ダテ」 に転化したとされる。政宗時代でも古式にのっとった称号は「イダテ」を用いたようである。また、朝宗の本領は常陸国伊佐庄中村 (茨城県下館市中村)にあったので、当時は伊佐氏または中村氏を名乗っていたとのことである。
砲台場跡の説明板にも、これと同じく室町時代の築城で、稙宗・晴宗の居城と記されていた。(同じ城址の説明板に2説とは不可解なり~???)
『歴史と旅・戦国大名総覧(秋田書店刊)」参照』

現況・登城記・感想等

登城前、この城址には大いに期待していた。
観音寺の他にもそれなりの人里のすぐ裏山であるが、登城道にいきなり「熊出没注意」の標識があったのには参った。 一瞬登城するかどうか迷った。登城道は鬱蒼とした木々の中の暗い道ではあるが、舗装はされていないものの車の轍まである。 大丈夫だろうという結論でGo!
観音寺から10分程登ると土塁が見え、大手門跡となる。その右手上の一段高い曲輪が砲台場跡で、土塁が残っている。 この下には帯曲輪があるようだが、藪がひどくとても入って行けない。
ここから本丸へは、またまた真夏の炎天下の登城。道の周りは草茫々!!
それにしても暑い!!こんなに暑くちゃ、熊も出ては来ないだろう。やっと本丸に辿り着くと、説明付きの石碑があったが、ここも一面草茫々で、 とても中へは入って行けない。
中館や西館の方が、良好な遺構が残っているようだが、もうこれでギブアップ!!
やっぱり、山城は真夏に来るべきではないと、いつものことながら懲りない自分がいました・・・・・・・(汗)。
(2007/08/14登城して)

ギャラリー

桑折西山城案内図           ~クリックにて拡大画面に~

登城道
登城道にいきなり「熊出没注意」 の標識があったのには参った。一瞬登城するかどうか迷った。登城道は鬱蒼とした木々の中の暗い道ではあるが、 舗装はされていないものの車の轍まである。大丈夫だろうという結論でGo!

大手門跡(この曲がった道と土塁!何とも云えずいい感じだ)

砲台場跡土塁

砲台場曲輪下の帯曲輪
下には帯曲輪があるようだが、藪がひどくとても入って行けない。

本丸への登城道
ここから本丸へは、またまた真夏の炎天下の登城。道の周りは草茫々!!それにしても暑い!! こんなに暑くちゃ、熊も出ては来ないだろう。

本丸跡
やっと本丸に辿り着くと説明付きの石碑があったが、ここも一面草茫々でとても中へは入って行けない。 やっぱり山城は真夏に来るべきではないと、いつものことながら懲りない自分がいました・・・(汗)。

トップページへ このページの先頭へ

コメント

和尚777(2016/03/20)

いつも山城登城時参考にさせて頂いております。
本日、登城しました。
西郭の石垣3方向とも素晴らしかったです。
西郭の入口わかりにくく苦戦しましたが
本丸にあった地元の桑折町教育委員会作成の地図を参考になんとか
たどり着きました。
私も度々、夏山城や冬山城で失敗しております。
ゴールデンウイークは念願の対馬壱岐五島に行きます。

タクジロー(2016/03/21)

和尚777さま
ご訪問とコメントをありがとうございます。
桑折西山城へは、昨年末の東北地方の城めぐりの際に再登城(リベンジ)しようと計画していたのですが、他の城で予定以上に時間がかかってしまい登城できませんでした。
対馬の金田城と清水山城は本当に素晴らしいです。是非。
また、五島の石田城も近世の平城ではありますが遺構がよく残っています。
五島・壱岐・対馬は魚が上手いし羨ましいです。五島は五島牛もありますし・・・。
私も、来年か再来年あたりに五島へ行きたいと思っています。
是非、楽しい旅行を・・・。
登城後に、是非、またご連絡戴けたら幸いです。

この記事へのコメント

名前

メールアドレス

URL

コメント