播磨 姫路城(姫路市)

三国濠手前から見上げる姫路城天守

その優美な姿は、世界に誇る木造城郭建築の大いなる遺産

別名

白鷺城

所在地

兵庫県姫路市本町68

形状

平山城(標高45.6m)

現状・遺構等

【国宝】連立天守群(大天守、東小天守、西小天守、乾小天守)、イ・ロ・ハ・ニ・の渡櫓の8棟
【重要文化財】化粧櫓、二の櫓、折廻り櫓、備前門、水の一門、水の二門、菱の門、い・ろ・は・にの門、ぬの門など74棟
他にも櫓、城門、塀、本丸・二の丸・勢隠の諸曲輪の石垣と土塁、内・中堀が現存

満足度

★★★★★

訪城日

1990/08/25
1996/06/15
2007/11/14

歴史等

元弘3年(1333)播磨の守護職・赤松則村(円心)が姫山に砦を築き、貞和2年(1346)則村の二男貞範が改築した。その後庄山城を築いて移り、小寺頼季を目代として姫山に入れた。
しかし、嘉吉元年(1441)6月24日、円心から3代後の満祐が6代将軍義教を謀殺するという嘉吉の乱を起こした。嘉吉の乱後は赤松氏に代わり山名持豊(宗全)が播磨守護職となり、姫路城には太田垣主殿佐が城代として入った。
その後、赤松氏の再興が許され、政則(満祐の弟義雅の孫)が当主の座についた。そして応仁の乱の時、細川勝元は政則に、播磨に下向させ山名氏を討たせ、応仁元年(1467)姫路城を陥落し、領国を回復し播磨守護となり、城を修築した。しかし当時はまだ山名氏の影響が強く、但馬方面に対処するために、文明元年(1469)置塩城を新しく築き本拠とした。姫路城は支城として、重臣の小寺氏が4代居城した。
天文14年(1545)小寺氏が御着城(ごちゃくじょう)に移ると、その重臣黒田重隆が入城した。
天正5年(1577)中国地方に侵攻した羽柴秀吉は、同8年(1580)黒田官兵衛孝高(のちの如水)から姫路城を譲り受け大改修した。この時に、3層の天守閣が築かれたという。
備中高松城を水攻めにしていた秀吉は、本能寺の変を聞くや、ただちに毛利方と和睦をし、大急ぎで姫路城に戻り、休息をとったのち、明智光秀との山崎の合戦へと向かった。
山崎の合戦の後の同11年(1583)には秀吉の異父弟・羽柴秀長が入り、同13年(1585)には木下家定が城主となり城を修築した。
慶長5年(1600)の関ヶ原合戦後、播磨52万石の太守となった池田輝政は慶長6年(1601)から9年もの歳月と5千万の人員を動員して姫路城を大改修した。この時、秀吉の3層の天守を解体し、現在ある5層6階地下1階の大天守と小天守3基(西・乾・東)が建てられた。
元和3年(1618)池田氏は鳥取城へ移り、本多忠政が入封し、その子忠刻に千姫を迎え鷺山に西の丸を築造し、現在ある姫路城が完成した。
本多氏以後は頻繁に城主が入れ替り、奥平松平氏、結城松平氏、榊原氏、松平氏、本多氏、榊原(再)、松平氏の諸氏が入封したが、寛延2年(1749)に酒井忠恭が入り、以後、酒井氏が10代120年在城し明治を迎えた。
『「日本城郭大辞典(新人物往来社刊)」、「歴史と旅・戦国大名総覧(秋田書店刊)」、「日本百名城・中山良昭著(朝日文庫刊)」等参照』

現況・登城記・感想等

城めぐりというと、堀切や土塁・石塁等々にばかり目がいく私ですが、この姫路城ばかりは、大天守をはじめとする天守群・櫓群や門・土塀といった建築物に目を奪われます。
「姫路城」は、12残る現存天守の中でも、その規模といい、姿といい別格です。
初めて登城した1990/8/25には、まだ城にそれほど興味がなかったのですが、その白くて美しい姿が見えた時には感動しました。5層6階の大天守と3つの小天守(乾小天守・西小天守・東小天守)、そして幾重にも重なる屋根と白漆喰の外装が調和がとれ、実に華やかです。「白鷺城」とはよく言ったものでまさに「白鷺」そのものです。
そして城域も非常に広く、天守だけでなく西の丸の化粧櫓・渡櫓や帯曲輪櫓等多くの櫓や城門、塀等の建築物だけでなく石垣遺構の多くが残っているのが嬉しい。尤も、これでも城域は往時の3分の2程度だそうですが・・・。
明治維新、さらには太平洋戦争の空爆にもよく耐えて残ってくれたものです。決して空爆の対象外であったわけでもなく、まさに奇跡ですね。
(1990/08/25、1996/06/15、2007/11/14登城して)

平成の大修復後、初めて登城しました。
姫路城は、以前何度か訪れた時にも、白鷺城の名に違わない白い城という印象がありましたが、平成の大修復によって、益々その姿は真っ白です。中でも、瓦と瓦の継ぎ目の漆喰の白さにより、屋根の白さが目立つので、全てが真っ白といった感じです。
白過ぎるという人もいるようですが、これが本来の姿でもあり、ドイツのノイシュバインシュタイン城を想い起すような美しさです。
姫路城には門の数が21棟ありますが、私のホームページには多くの門の写真が抜けてしまっているので、今回は全ての門の写真を撮ろうと思っていたのですが、あまりの人で、とても写真を撮るのは無理でした(;>_<;)。
(2015/06/06登城して)

ギャラリー

姫路城主郭部立体絵図(パンフレットより) ~画面をクリックにて拡大~
姫路城立体絵図

姫路城主郭部縄張図(パンフレットより) ~画面をクリックにて拡大~
姫路城がある丘陵は、北に向かうほど高くなり、最高所の北側から西側にかけては急峻な崖になっています。したがって、山陽道や海に向かって南側に城を展開する縄張となっています。北側を守るために勢隠という半円形に伸びる曲輪を置き、姫山の西にあった鷺山という小山を城域に取り込んで西の丸としています。本丸(備前丸)の南側は上山里、下山里と雛壇式に下り、山麓に広い三の丸を置いて、藩主居館などが建てられていました。
①水一ノ門、②水二ノ門、③水三ノ門、④水四ノ門、⑤水五ノ門、⑥乾小天守、⑦西小天守、⑧東小天守、⑨ヘの門、⑩ちの門、⑪帯の櫓、⑫折廻り櫓、⑬備前門、⑭りの門、⑮太鼓櫓、㋺~㋕隅櫓

姫路城縄張図

【登城記】
姫路駅前から姫路城へ延びる大手前通りから姫路城を望む
姫路駅から大手町前通りへ出ると、正面に真っ白な姫路城大天守が見えて来ます。
姫路駅前から姫路城を望む

桜門橋を渡り大手門から入城
大手門は本来三重の櫓門からなり城内では最も格調高く厳重な門でした。現在、大手門と呼んでいる大型の高麗門は、昭和13年(1938)に完成したもので、位置も大きさも江戸時代のものとは全く異なっています。
又、今回復元した桜門橋は発掘調査で出土した遺構をもとに江戸時代の木橋をイメージして平成19年(2007)に築いたものです。
IMG_5491

内堀(西の丸下の堀)
姫路城は天守閣をはじめ建物群があまりにも素晴らしいため、見逃しがちですが、堀と石垣もなかなかのものです。
西の丸下の堀

内堀(三の丸南東部)
内堀は舟に乗って廻れるようです。今回(2015/06/06)の登城で初めて見ました。
三の丸北東の内堀

三の丸から姫路城の全景を ~クリックにて拡大画面に~
いつもは、堀切や土塁・石塁等々にばかり目がいく私ですが、さすがに、この姫路城ばかりは、大天守をはじめとする天守群・櫓群や門・土塀といった建物に目を奪われます。
姫路城全景

三の丸から天守を
大天守の左後方が西小天守と乾小天守です。
三の丸から天守を

三の丸から西の丸櫓群を
三の丸から西の丸を

菱の門
入城口から入ると、まず最初に菱の門が現れます。菱の門は、城内で最も大きく、二の丸の入口を固めた門です。両柱の上の冠木に木彫りの菱の紋があることからこの名前が付いています。 
IMG_5610

三国濠前から天守閣を ~クリックにて拡大画面に~
菱の門の右手前には三国濠があります。濠の手前から見上げる天守は素晴らしく、ビューポイントの一つです。 
三国濠前から天守を

西の丸へ向かう
菱の門をくぐり、左へUターンして西の丸へのなだらかな坂道を登って行きます。勿論、当時は登り口と登り切ったところに門が建っていました。
西の丸へ向かう

西の丸から天守を ~クリックにて拡大画面に~
西の丸から望む天守も、ビューポイントの一つですね。
西の丸から

西の丸の渡櫓 
左手前の隅櫓は縄張図の㋸です。
西の丸渡櫓

西の丸渡櫓廊下へ入る隅櫓
西の丸の渡櫓及び化粧櫓へは、西の丸南西部の隅櫓(縄張図の㋻)から入ります。
ワの隅櫓

化粧櫓
将軍徳川秀忠の長女千姫は大坂城落城のあと、本多忠刻に再嫁して西の丸で過ごし、この櫓を休息所としたことからこの名があります。今回(2015/06/06)は、木々が生い茂って櫓の大半が隠れてしまっていたので、 2007/11/ 14の写真を使用しています。
化粧櫓

「い」の門
西の丸を観たあと、一旦、三国濠脇(菱の門をくぐったところ)へ戻り、「い」の門から天守へ向かいます。
姫路城は複雑な縄張りです。中でも、本丸への入城経路は複雑で、何度も折れ曲がりながら入城しなければなりません。そして、そこには、「いろは順」に名付けられた城門が15、その他の門が69と合わせて84門を構えて強固な防御としていました。また、その形式も、棟門・高麗門・櫓門・埋門・穴門等々と様々な種類の城門でした。現在は、いろは付きの城門が13、その他の城門が8と、合計21門残っています。

いの門

「ろ」の門
本丸への複雑な入城経路ですが、最初の「い」の門から「ろ」の門へは、敵を油断させるために、わざと真っ直ぐ行ける構えとなっています。尚、「ろ」の門は高麗門形式になっています。
ろの門

「は」の門へ
西の丸から(或いは、菱の門から入城し、ろの門を右折して)本丸にある天守へと向かうと、石垣と白壁に挟まれた狭い坂道へ出ます。この坂道を登りきり、突き当たったところを左へ曲がるところに「はの門」があります。
 
はの門

「に」の門の下
「は」の門をくぐってから右へUターンして「に」の門へ向かうと、正面に大天守の優美な姿が見えてきます。但し、左手上には「に」の門があり、頭上から攻撃される危険性があります( ̄ー ̄;。
にの門下

「に」の門
「はの門」をくぐり、すぐに右へ曲がり、さらに左へとUターンすると。これまた石垣と白壁に挟まれた狭い道へ出ます。そして、正面に待ち構える「にの門」をくぐって入城します。
にの門

乾小天守と西小天守
「に」の門をくぐり、振り返ると、乾小天守(左上)が見えます。乾小天守の右に見えるのが西小天守で手前が「ニ」の隅櫓。乾小天守は3天守の1つで、天守台の西北隅(乾の方角)に位置している。3つの小天守の中で一番大きく、外観3層、内部は地下1階地上4階の造りになっています。 大きな唐破風の屋根と小さめの千鳥破風の屋根により重厚な感じがします。
乾小天守

「ほ」の門
「ほ」の門は、非常に低くて狭い埋門形式ですすが、あまりにも人が多くて、まともな写真が撮れませんでした(^_^;。姫路城の壁は、ほとんどが白漆喰で塗り込んでありますが、この「ほの門」の内側は「油壁(やや右上の小さな屋根の付いているの塀)」で、粘土に豆砂利を混ぜ、米のとぎ汁で固めたもので、秀吉が築城した頃の名残りの壁だそうです。ほの門

水一ノ門と油塀
「ほ」の門をくぐってすぐに右へUターンして「水一ノ門」をくぐります。右に僅かに見えているのが油塀なのですが、あまりにも人が多くて写真を撮れませんでした(;>_<;)。
水一ノ門と油塀

水ニノ門
水一ノ門をくぐり、すぐ左手に水ニノ門があります。
水ニノ門

水三ノ門
水ニノ門から水三ノ門へはなだらかな下り坂を真っ直ぐ行きますが、右手と正面に狭間が構えています。
水三ノ門

水四ノ門
水四ノ門(右奥)は埋め門になっています。当写真は、城内側へ入ってから振り返って撮ったものです。尚、大天守見学後は、ここへ戻って来て、左手の道を通って備前丸へ出ます。
水四ノ門

水五ノ門と水六ノ門
水五ノ門の上は渡櫓になっているのですが、あまりにも大勢の人で写真を撮ることができませんでした。水五ノ門をくぐって入って行くと、内庭へ出ます。
そして、水六ノ門を入ると、いよいよ天守内へ入ります。

水五の門
水六の門

天守の心柱
天守は外観5層、内部は地上6階地下1階です。天守は直径1m近い2本の柱で支えています。東の心柱は、昭和の大修理で地階部分だけ取り替えましたが、築城当時のまま残っています。
IMG_5567 IMG_5568

天守最上階の長壁神社
天守の丘(姫山)にあった地主神で、築城の際に、城外へ移されたのが、神のたたりがあると城内に戻されたもので、宮本武蔵の妖怪退治の伝説も有名です。
長壁神社
 

大天守から西の丸方面を
西の丸方面

大天守から三の丸・大手道方面を 
大手方面

本丸(備前)
大天守内見学後、本丸(備前丸)へ出ます。
備前丸

本丸(備前丸)から天守を見上げる
右から、大天守・西小天守・乾小天守です。 

姫路城天守

備前門と折廻り櫓
中央が折廻り櫓で右が備前門。左の石垣は大天守の石垣です。備前門は折廻櫓に続く切妻の櫓門で、備前丸への主要な出入口となる城門です。
備前門と折廻り櫓

太鼓櫓への道
備前門をくぐり、右へUターンするように太鼓櫓(正面建物)へ向かいます。左側は腹切丸で、左手前の建物が帯の櫓です。搦手を守る大切な場所です。
IMG_5589

太鼓櫓と「り」の門
太鼓櫓(への櫓)は上山里曲輪と東曲輪を区切る要所にあります。当写真は上山里曲輪側から撮ったものです。脇の「り」の門からは慶長4年(1599)の墨書が見つかっており、池田時代以前の建物の可能性があります。
太鼓櫓

上山里曲輪のお菊井戸
播州皿屋敷は、お家乗っ取りの企てを女中お菊が知り、城主の難を救ったが、家老はそれを恨み家宝の皿1枚を隠してお菊を責め、井戸に投げ込んだという有名な話である。
お菊井戸

「り」の渡櫓と「ぬ」の門
上山里曲輪の中を西へ向かうと「りの渡櫓」と「ぬの門」があります。
りの渡櫓とぬの門

「ぬ」の門
「ぬの門」は、黒鉄板張門扉の上に、二階建ての櫓を載せた三層の珍しい櫓門です。
ぬの門1

ぬの門を外側から
「ぬの門」は、二の丸から上山里曲輪へ入る際の重要な門で、外枡形形式になっており、隠し石落しや監視窓を備えています。
ぬの門2

【その他の櫓及び城門】
「へ」の門
平成の大修理が終わったばかりの今回(2015/06/06)は進めなかったのですが、「ほの門」をくぐり真っ直ぐ東の方へ歩いて行くと、右手に「高麗門」があります。「への門」です。
への門

搦手の枡形と「ちの門」
「への門」をくぐると、広い枡形へ出ます。搦手口の枡形ですが、かなり広いものです。左奥に見えるのは「ちの門」です。
搦手枡形

「との櫓」と「との一門」 
搦手の枡形の左手前には「との櫓」(写真右)と、「との一門」があります。「との一門」をくぐると、「との二門」を経て、「との四門」に下り降りる搦手口ルートとなります。
との一門

【上山里下段石垣】
姫路城の大半は江戸時代に池田輝政によって修復・拡張されたものですが、それより前の黒田官兵衛や羽柴秀吉時代の遺構も部分的に残っています。この、上山里下段石垣も羽柴秀吉によって築かれた石垣だと考えられています。
IMG_5620

【天守の庭】
入城口の手前右の方に、礎石がずらりと並べられたスペースがあります。旧天守の礎石群です。昭和の大修理の際に基礎をコンクリート化したため従来の礎石が天守下には不要となったことから、ここに元通りの配置で移設したそうです。
天守の庭

トップページへ このページの先頭へ

コメント

お洒落なオヤジ(2006/03/13)

>築地が我が家(豊洲)の近くに来るんですね。
そうなんですよー

>今月末には「ゆりかもめ」もやって来ます。
いいですねー豊洲は

姫路城は最高に素晴らしいお城ですね。

この記事へのコメント

名前

メールアドレス

URL

コメント