花沢館(上ノ国町)

山腹の広い郭(屋敷跡)

道南12館の一つ、コシャマインの乱でも茂別館と共に落城しなかった蠣崎氏の館

所在地

北海道桧山郡上ノ国町勝山
【アクセス】
JR「上ノ国駅」の南西約1km。上ノ国駅から国道228号で南西へ800m程進むと天の川に架かる橋へ出る。橋を渡り終わって60~70m程行った左手に小公園があり、その先に花沢館の石碑(見落としやすいので要注意)が立っている。石碑の脇の道が登城道。駐車場はないが、石碑の横に何とかスペースがあったので、そこに停めた。
上ノ国館跡MAP2

駐車場所から主郭までの所要時間

山腹の広い郭まで3~4分、さらに2~3分で山頂部の主郭へ出る。

形状

山城(標高50m、比高40m)

現状・遺構等

【現状】 山林(国指定史跡)
【遺構等】 郭、土塁、堀切、石碑、説明板

満足度

★★☆☆☆

訪城日

2012/07/31

歴史等

源頼朝は、文治5年(1189)に奥州藤原氏を滅ぼすと、津軽に東北北部や北海道の「蝦夷」を支配する「蝦夷管領」を設置し、俘囚安倍氏の系譜を引く安藤氏を配した。
安藤氏は、十三湊を拠点に北方との交易を行なうが、15世紀半ばに南部氏との争いに敗れ、道南へ逃れた。その後も、本州最北部では豪族間の争いが続き、享徳3年(1454)には、下北半島田名部の安東(藤)政季が、内紛で若狭武田氏を出奔した武田信広らを伴い渡島半島に渡った。
こうした状況を反映して、当時の渡島半島には、和人、和人系渡党、アイヌ系渡党、アイヌなど多様な人々が住んでおり、その中から交易などで富を得た小豪族らが館(たて)を築いていった。
花沢館もそうした館の一つであり、道南には東の志苔館から西の花沢館まで12の館が築かれた(道南12館)。
そうした状況下、安東政季は、渡島半島を下之国(上磯町~函館市付近)、松前(松前町を中心とした地域)、上之国(上ノ国町を中心とした地域)の3つに分割し、それぞれに自らの親族を守護と副守護として配し、「安東氏―守護―館主」という指揮系統のもと、政治的に編成していった。下之国守護は茂別館、松前守護は大館、下之国守護は花沢館にいて、それぞれの地域を治めていた。
長禄元年(1457)の「コシャマインの戦い」の際には、道南12館のうち10館が攻略され、道南12館のうち残ったのは下国氏の茂別館と花沢館だけとなった。
花沢館は、館主・蠣崎季繁や客将・武田信広が固く守り、さらに信広の謀略により、コシャマイン父子を射殺し、その他のアイヌも多数殺害して敗北に追いやったという。
『「北海道の歴史がわかる本・桑原真人、川上淳著(亜璃西社刊)」、「現地説明板」他参照』

*道南12館
道南12館とは鎌倉時代から室町時代中期にかけて道南地方南部(渡島半島南部)に築城された諸館の総称である。道南地方に12館しか築城されなかったというわけではなく、実際はもっと多くの館があったと思われるが、学術的に存在が確認されているのが志苔館宇須岸河野館(箱館)茂別館・中野館・脇本館・穏内館(おんないたて)・覃部館(およべたて)・大館・禰保田館(ねぼたたて)・原口館・比石館花沢館の12館であることから、そのように呼称している。

*コシャマインの戦い
志濃里(志海苔、志苔)の鍛冶屋村には数百軒の家があり、康生2年(1456)の春に、オツカイというあいぬの少年が鍛冶屋に来てマキリ(小刀)を作らせたところ、出来の良し悪し、もしくは値段について意見が合わず、鍛冶屋はマキリでこの少年を突き殺した。
これをきっかけに道南のアイヌが一斉に蜂起した。長禄元年(1457)、東部のアイヌの酋長コシャマインに率いられたアイヌ勢が、まず志苔館宇須岸館を攻撃し、続いて中野館、脇本館、穏内館(おんないたて)、覃部館(およべたて)、大館、祢保田館(ねぼたたて)、原口館、比石館の計10館を攻略し、道南12館のうち残ったのは下国氏の茂別館花沢館だけとなった。
しかし、蠣崎氏の客将であった武田信広の謀略により、その後、コシャマイン父子は殺され、その他のアイヌも多数殺害されたことで敗北を喫した。
『北海道の歴史がわかる本・桑原真人、川上淳著(亜璃西社刊)他参照』

現況・登城記・感想等

花沢館遺構図
IMG_3481

登城口
天の川の架かる橋の南詰から60~70mほど西の国道228号線沿い南側に小公園があり、その西に「史跡上之国館跡のうち花沢館跡」と刻まれた石碑が立っている。その脇(写真右側)が登城口であるが見落としやすいので要注意。真夏の登城のせいもあり、登城口は薮のため道とは思えないような。
01登城口

段曲輪
登城口からしばらく登って行くと、右手に薮になっているが、狭い塁段になった削平地が確認される。段郭跡であろう。そして、登り始めて3~4分ほどで、山腹にある広い郭跡が正面に見えてくる。
02小段郭

山腹の郭
山腹にある、この郭は、花沢館の中で最も広く、居館が建っていたと想定される。
03屋敷跡

段郭
この写真は、主郭北側の段郭を主郭直ぐ下から見たところである。それぞれの郭の比高差は3~4mの切岸になっている。
04段郭

主郭下の腰郭
主郭すぐ下の腰郭は帯曲輪のように周囲をめぐっているような。
05帯郭

主郭
山頂部の主郭は、東西15~20m、南北約60mほどの細長い郭で、南側を堀切で断ち切っているようだが、藪がひどくて・・・(/。ヽ)。
06主郭

トップページへ このページの先頭へ

コメント

この記事へのコメント

名前

メールアドレス

URL

コメント