磐城 平城(いわき市)

僅かに残る城址石垣

伊達氏の押さえの城の水堀は難工事で人柱の老人名から丹後沢と呼ばれる

別名

龍ケ城、飯野城

所在地

福島県いわき市平旧城跡

形状

平山城

現状・遺構等

現状:住宅地、丹波沢公園
遺構等:石垣(一部)、水堀跡、曲輪跡

満足度

★☆☆☆☆

訪城日

2006/03/05

歴史等

磐城平は最初、岩城氏の所領であったが、天正18年(1590)、常陸の太守佐竹義重の子貞隆が養子入りし当主となった。
関ヶ原合戦で、実家佐竹と共に中立を守り、平領は没収されるが川中島1万石を経て、 子の吉隆のとき、出羽亀田(秋田県岩城町)2万石へ移った。
代って、慶長7年(1602)鳥居忠正が父・元忠の伏見城での功により、10万石で磐城平藩に入封した。忠政は、翌年の慶長8年(1603) 、それまで大館城から、 渓谷に囲まれた物見ケ岡の天険の地に移ることを決め、築城を開始し、12年の歳月をかけて梯郭式平城を完成させた。 天守は造られず本丸の三層櫓がその代わりとなった。その姿は「磐城名物三階櫓、竜のお堀に浮いて立つ」と詠われた。
この城の主目的は仙台藩伊達氏の押さえにあった。 この時、本丸北方の天然の沢を利用して水堀にする工事は、なかなか進捗しなかった。何度も堤防を築くが、その都度失敗した。そこで、 管波丹後という95歳の老人を人柱に立てたところ、堤防は崩れることなく成功した。この水堀跡は今でも「丹後沢」と呼ばれている。
元和8年(1622)、鳥居氏は山形20万石へ転封となり、 そのあと上総佐貫より、 内藤政長が7万石で入封した。内藤家の治政は長く、6代125年に及んだ。以後、井上氏、安藤氏へと移り、慶応4年(1868) 戊辰戦争において奥羽越列藩同盟に与した磐城平藩は消滅した。建物は戊辰戦争と第2次大戦で焼滅し、石垣の一部が残るだけである。
『「日本の名城・古城ものしり辞典(主婦と生活社刊)」、「大名の日本地図・中嶋繁雄著(文春新書刊)」参照』

現況・登城記・感想等

「旧城跡」という如何にも「城址でございますと」いう町名を頼りに城址を探した。
いわき市平市街地から真正面に、頂上が平らな壁といった絶壁がせまって見えてきた。 目指す石垣跡は急な坂道を登りきった平らな所からすぐ近くにあり、丹後沢公園となっていた。そこからは、 いわきの市街地が眼下に拡がっている。また、その僅かに残る石垣の奥も絶壁になっており、その下は水堀跡らしい地形が綺麗に整備されていた。 それが丹後沢であった。
この地形を見て、ここに築城したのが納得できた。
石垣の上は狭い空き地で、明治天皇の銅像が建っていた。道路の突き当りが本丸跡らしく、土塁跡らしきものが見えたが、 門に鍵が掛かっていて中に入れなかったので外から写真を撮った。
遺構が僅かしか残ってはいないとは云いながら、説明板等が何もないのは何とも寂しいかぎりである。
(2006/03/05訪城して)

ギャラリー

磐城平城址からの風景

丹後沢

本丸跡

トップページへ このページの先頭へ

コメント

村上勝徳(2011/03/26)

私も城が好きで何度か行きました。全体として城跡はきちんと残っているのですが、ほとんどが住宅地になっています。時の老中安藤信正が奥州の最初の入口で、奥羽列藩同盟として援軍に来た諸藩とともに戦ったあととしてはなんとも淋しい限りであります。せめてその最後のいきさつを記し先人達が守った小城の末路をたたえて欲しいものであります。

タクジロー(2011/03/28)

村上勝徳さま
当サイトへのご訪問とコメントをありがとうございます。
平城は、平市街地から見える迫ってくるような迫力のある絶壁が印象的でした。
所々に遺構が残っているのに案内板等がないのが残念でした。
それはともかく、いわき市は、小名浜など、今回の大地震で被害(風評も含めて)が大きいようですが、早急な復旧・復興を望みたいです。

山本 智(2011/06/21)

先週久し振りに平城を訪問しました。写真に写っている石垣が無残にも半分以上倒壊しており、丹後沢公園一帯が立入禁止になっていました。益々城跡が荒廃していくのではないかと心配になりました。

タクジロー(2011/06/23)

山本 智 さま
ご訪問とコメントありがとうございます。
多分、石垣は改築されるのでしょうけど、あらためて東日本大震災の恐ろしさが甦ってきますね。
早い復興を祈るばかりです。

この記事へのコメント

名前

メールアドレス

URL

コメント